サイトメニュー

生活費用をどうするか

男性

メリットとデメリットを知りたい

社会人がうつ病になってしまった場合には、会社に行けなくなることも少なくありません。無理して会社に行っても、精神的につらいだけですので休んだ方がよいとも言えます。ただ現実的に考えれば、その間は収入がない状態になります。この場合、まったく生活ができなくなるかといえばそのようなことはなく、傷病手当をもらうことができるのが特徴です。傷病手当は、けがをした時や入院した時以外にももらうことができるのが特徴といえるでしょう。では、うつ病で傷病手当をもらう場合どのようなメリットがあるかといえば、単純に働かなくてもお金を手に入れることができることがまず一つ目です。これは、普段から健康保険などを支払っていますので当たり前の権利と言えます。次に、給料の2/3の支給を受けることができることでしょう。さすがに全額は難しいですが、最低限それだけ保証すれば生活はできると考えられています。確かに、給料をもらって生活している人のほとんどは、2/3は生活費に消えてしまうことが多いですのでそれだけの手当が出れば十分と言えます。
では、うつ病になって傷病手当をもらうときのデメリットはどのような内容になっているでしょうか。まず一つ目は、いくらうつ病が続いていたとしても受給期間を過ぎてしまうと支給が停止されてしまうことです。傷病手当がもらえる期間は1年と半年になりますので、その期間が経過してしまった場合には残念ながらそれ以上お金をもらうことができません。うつ病といっても、必ず1年半で治るとは限りませんのでその後どのように生活をするかを事前に考えておかなければならないところです。二つ目は、会社とのやり取りが発生してしまうことです。傷病手当をもらうときには、会社に申請書を記入してもらうことが必要です。そのため、長く休んでいる会社に行かなければならないのはなかなか辛いことです。特に、小さな会社の場合には直接の上司にお願いすることになりますので嫌な気持ちが出てくるでしょう。三つ目は、傷病手当と失業保険は併用できない点です。そうすると、そのまま退職した時に失業保険は出ませんのでそのことを考えて申し込みをする必要があります。