サイトメニュー

仕事に支障が出る症状

女性

安心して治療に専念できる

うつ病はストレスによって悪化するため、仕事を休んで治療に専念することが大切です。休職しては収入が減ってしまい生活が立ち行かないという場合は、傷病手当を受け取ることも可能です。傷病手当とは、ケガや病気で働けなくなったときにお金がもらえる制度ですが、うつ病にも適応されます。しかし、誰でも受け取れるものではなく、手当てを受ける基準を満たしていなければなりません。基準とは、社会保険の健康保険に加入していること、4日以上仕事に就くことができないこと、休んだ機関に給与が支払われないこととなります。また、申請するには医師の診断書と申請書が必要です。医師の診断書が審査に大きな比重を占めますが、うつ病の症状が仕事に差し支えないとされた場合は、傷病手当を受けることができません。仕事にどのように支障があるのか、ありのままに医師に話し、診断書に反映されるようにしましょう。申請したからといって確実にもらえるわけではないので、手当てを受けるに値すると認められる申請をすることが大事です。
うつ病は完治するまでに長い時間がかかることもありますが、傷病手当は永遠に受給できるものではありません。同一の病気で受給できる期間は最高1年6か月までと決まっており、それ以降は休職中であっても手当はもらえなくなってしまいます。その場合は、障害年金を申請することを検討してもよいでしょう。そのため、傷病手当の受給中に身の振り方を考えておくことも大切です。元の職場で働くのがつらい場合は、転職先の目星をつけておくのもよいでしょう。また、転職する際にうつ病で傷病手当を受給していたことがわかると不利になると考えがちですが、転職先に伝える義務はありません。そのため、受給していたことが不利に働く心配はないでしょう。しかし、転職先で再びうつ病になり、傷病手当てを受け取ろうとした場合は、会社に受給していたことがバレるだけでなく、同一の病気での受給はできないルールなので、傷病手当を受け取ることもできません。異なる会社で働いたとしても、同一病による二度目の需給は認められていません。