サイトメニュー

生活に困った場合

病院外観

注目される理由やメリット

現代人は、様々な心の病気にむしばまれていますがその中で有名な病気の一つがうつ病です。うつ病は精神的な病気ですので、何らかの心理的な問題が生じていることがほとんどです。例えば、朝起きて会社に行こうとするだけで心臓がどきどきし、体が動かなくなったり発熱したりする人すらいます。また、正常に頭が働かないことも考えられるでしょう。そのような状態で仕事をしても能率が上がらないどころか、余計に精神面でダメージを受けることになります。この場合には、会社を休んだ方がよいといえます。生活はどのようにしたらよいかといえば、傷病手当金をもらう方法があるでしょう。その時知っておいた方がよい情報としては、まず最大で1年6か月間給付が可能になることです。少なくとも、その期間は会社を休んでいても問題ありません。また、2年間の時効以内ならば、給付が可能になることです。これは、例えば退職した後でも2年経過していなければ傷病手当金を申請することが可能なことを意味しています。このような点において、注目されているのがポイントです。
生活を助けるための仕組みが傷病手当ですので、うつ病になった時も適用されるのが基本になります。何も、けがをした時や病気で入院している時だけではりません。自宅にいても、もらえる点がメリットと言えます。つまり、うつ病になっていることを証明さえすれば、傷病手当をもらうことは可能です。これがメリットの一つと言えるでしょう。ただしこの場合は、病院に診断書を書いてもらう必要があります。本人が自己申告をして会社に申請しても、本当かどうかわかりませんので傷病手当金をもらうことはできません。病院に行った場合には、先生にお願いをして「会社に提出したいので診断書を書いて下さい」と申請すれば、書いてもらうことが可能になります。これを書く時間は先生によっても異なりますがたいてい一回の診断と同じぐらいの時間があれば書くことが可能です。それ以外のメリットは、女性の場合出産手当金と併用することも可能なことです。もし妊娠中にうつ病が発祥した場合には出産手当金も同時にもらうことができる点において魅力的と言えます。