サイトメニュー

休職して治療に専念できる

医者と看護師

会社員は健康保険で受給ができます

うつ病は誰でも罹る可能性がある、精神疾患ですが、病気が診断されると、仕事を続けるのが難しいケースもあります。会社員の場合は社会保険に加入をしているので、傷病手当金を受け取ることが出来ます。うつ病は傷病手当金の対象外ではないかと、感じている人が多いですが、病気が診断されると適用されるので安心して下さい。手続きをするためには、医師の診断書が必要になります。仕事を休んでから4日目から適用されるため、経済的な不安を減らすことが出来ます。病気の症状が重く、日常生活に支障をきたしている場合は、一時的に休職することで症状が改善することもあります。傷病手当金はうつ病の場合は、最長で1年6か月は受給が出来ます。病気の症状が重い人は、仕事を続けるのが難しく、退職を考えている人もいますが、退職をすると受給が出来なくなるので注意をして下さい。会社の上司に話を聞いてもらい、休職の手続きをすることが大事です。傷病手当金は、休んでいる日数のお給料が出ていない時に支給されます。
うつ病は良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ回復してくる病気です。会社員の場合は、朝が起きられなくなったり、意欲や気力が減退して、仕事にミスが増えたりすることもあります。病気が原因で仕事を続けるのが難しい場合は、健康保険の傷病手当金を受け取ることが出来ます。どれぐらいの金額が受給できるか知っておきたい人が増えています。受給する人の年収によっても、受け取れる金額が違ってくるので、事前に確認をしておくと安心です。受給をするためには、医師の診断書や手続きに必要な書類、給付金を受け取るための銀行口座などが必要です。うつ病に罹ると、通院や入院が必要になり、経済的な不安を持たれている人がほとんどです。傷病手当金はうつ病などの精神疾患の場合でも、受給の対象になっているため、国の制度を活用することが大事です。医療保険に加入をしている場合は、入院が必要になっても給付金が受け取れるので、治療に専念できる環境が整っています。最長で1年6か月は受給が出来ますし、症状が回復してくると仕事に復帰することもできます。